FC2ブログ

マーブル・パウンドケーキ

マーブル・パウンドケーキ


マーブルケーキ1




こんにちは。
ここ数日、妙に暖かいシドニーです。
昨日バックバーニングBackburningが行われて、非常に煙くて焦げ臭い~
そのせいか、喘息がひどく辛いです。。。
*Backburning…山火事を予防する策として、予め枯葉などを焼いてしまうこと。


マーブル・パウンドケーキを作りました。
先日のラムレーズンのパウンドと同じように、生地を型に入れてから一晩冷蔵庫で休ませました。
使ったバターは、いつものデンマークのLurpakの発酵バター。
このバターは割と白っぽく、やわらかめです。
冬でも結構早く室温に戻るので、使いやすいうえに美味しいです(*≧∪≦)


肝心のマーブル・パウンドケーキですが、どのバターケーキもそうだと思いますが、
とにかくきれいに生地を乳化させることが最重要。
バターに砂糖を混ぜたら卵を入れていきますが、この時に分離させてしまうと失敗~
乳化に失敗したものは、焼いたときの膨らみが悪くなったり、生地が固く焼き上がったり、
キメが悪く触感も悪くなったりします。
救済策として粉を少し入れて水分を吸わせてしまう、ということを見かけたりしますが、
↑私も現にやったことがあります(;´・ω・)
本来は言語道断な行為であるそうです。。。
バターから出た水分を吸って焼いた粉は固くなるのですよ。
面倒でも、慎重に少しずつ卵を加えてキレイに乳化させる、乳化したら次を加えていく、
この工程、とっても大事です。




マーブルケーキ



マーブルケーキ2




マーブル模様は切ってみるまで様子がわからないので、ちゃんとマーブルになっているかちょっぴりドキドキ。
思いのほか奇麗な模様に出来上がっていてホッ。
お味も美味しかったです(o‘∀‘o)*:◦♪


⋆シドニーの自宅の小さなキッチンで、小さなちいさなお菓子教室を主宰しています。
 詳細はお問い合わせください。





今日も見に来て下さりありがとうございます
ランキングに参加しています。ぽちっと押していただけるととてもうれしいです!

にほんブログ村


Instagram




日本製のケークドロワ型!










Comments 4

ばんしい

切ってみなくちゃわからない。。。まさにそのとおりですww
って、あたしは理想のマーブルになったことは一度もありません><

混ぜすぎるんですかねぇ。。。
シフォンがやっとふわふわに仕上がるようになりました(^^)w
まだまだだけどねww
きれいなマーブルができるまで、ちょっと続けて焼いてみようかな!

2019-05-28 (Tue) 01:11 | EDIT | REPLY |   

そうぼりん

◆ばんしさんへ

ほんと、切ってみるまでドキドキです(笑)
このパウンドは、ココアの生地を白い生地と合わせる際に、
大きく3回ゴムベラで混ぜただけで型に流しました。
ばんしいさんのシフォン、タイムラインで拝見しました!
美味しそうに焼けていましたね♪
いつものように半量ですか??

2019-05-28 (Tue) 16:35 | EDIT | REPLY |   

ばんしい

今回は、卵4こ分なので。。。
3分の2の量ですよ~(^^)/
テキストには6個分で表記されてますから(*´艸`*)

2019-05-28 (Tue) 20:07 | EDIT | REPLY |   

そうぼりん

◆ばんしいさんへ

そうだったのですね!
元のレシピでは卵6個ということは、20cmの型で焼かれているんですね?!
シフォンもレシピによってメレンゲの泡立て具合が違ったり、様々ですよね~
なかなか難しいケーキの一つですね。。。

2019-05-29 (Wed) 05:55 | EDIT | REPLY |   

Leave a reply