FC2ブログ

パウンドケーキ考察

パウンドケーキ考察 ~シュガーバッター法~
左は直ぐ焼成、右は休ませてから焼成

パウンドケーキ考察





先日のお抹茶のカトル・カールを作った際に、
生地を休ませて焼くべきか、休ませないで焼くべきか…という事に少し触れましたが、
実際にどう違いが出るか比べてみました!


作ったものはプレーンのカトル・カール、英語ではパウンドケーキ。
生地を作り、同量を2つの同じ型に分けて、1つはそのまま焼成、もう一つは一晩冷蔵庫で寝かせました。




パウンドケーキ考察4




パウンドケーキ考察5


↑オーブンに入れて15分経ったところ。左は直ぐ焼成、右は生地を休ませたもの。
冷蔵庫に入れて休ませた方は、当然生地に熱が入っていくのが遅いので、
膨らみ始めるのが遅いですね。
(オーブンに入れて1分は200℃のまま、その後焼成温度に下げました。)



パウンドケーキ考察6


↑焼き上がり直前。
休ませた方が、若干膨らみが少なく、膨らんでいる部分の幅が狭い。
焼成時間を2分長くとりました。

型出しした時の生地の感じは、どちらも変わりませんでした。




パウンドケーキ考察1



パウンドケーキ考察2




生地を休ませた方は、四方の立ち上がりが高くカチッとした印象。
生地が立ち上がり部分に取られた分、中央の膨らみが若干少なめなのかしら??
個人的には、全体の形は生地を休ませた方が好き。


3日おいて試食してみました!
切った時のキメの感じにさほど違いは感じられず。
ところが、口に入れてみると大きな違いがw(゚o゚)w

直ぐに焼成した方は、どちらかと言うとふんわり~
生地を休ませた方は、みっちりというか硬い。
今まで直ぐ焼成した物しか食べた事がなく、ずっとどっしりみっちりだと思っていましたが、
今回比べて食べてみて、それがふんわりと感じられたことにちょっと驚きました。
友人にも一緒に食べ比べてもらいましたが、二人とも直ぐ焼成した物の方が美味しく感じる~(*≧∪≦)


もともと生地を休ませる理由の一つに、グルテンを落ち着かせるという事がありますが、
グルテンが出てしまった生地を焼くと硬くて食感が悪くなる→そうならないように休ませる。
今回の考察の結果を見る限り、
シュガーバッター法で作るカトル・カールは、生地を休ませる必要はないのでは?
という個人的見解に落ち着きそうです。
バターケーキらしくどっしり、でもふんわり感じられたこの考察は、
改めてこの焼き菓子の美味しさを感じさせてくれました。





パウンドケーキ考察3




今日も見に来て下さりありがとうございます
ランキングに参加しています。ぽちっと押していただけるととてもうれしいです!

にほんブログ村


Instagram





信頼の日本製♪










Comments 2

ばんしい

いい実験でしたね~

ふんわりかどっしり硬めか。。。好みの問題でしょうねぇ(^^;;
あたしはふんわりの方が好みかなぁ~

2018-05-27 (Sun) 23:39 | EDIT | REPLY |   

そうぼりん

◆ばんしいさんへ

なかなか面白い実験でしたよ~
全卵すり込み法なので、ふんわりと言ってもどっしりなんですけどね^^;
しかしバターケーキって、シンプルなのに本当に美味しい(*^^)
同じ物を違う方法で作って比べるのってそうそう無いので、良い経験でした。

2018-05-29 (Tue) 19:16 | EDIT | REPLY |   

Leave a reply