FC2ブログ

シドニーの病院事情と、子供達の好きなアイスブロック。

シドニーの病院事情と、子供達の好きなアイスブロック。


シドニー病院事情と、子供達が好きなフルーツポップスティック3




こんにちは。
先週末は不測の事態が起きた我が家。
娘が虫垂炎になり、急きょ腹腔鏡手術を受けました((((;´・ω・`)))


2ヵ月位前から腹痛を度々訴えていた娘、一度泣くほど痛くてGPへ連れて行きましたが、
その時は血液検査をし、その結果特に何もなく大丈夫と言われ。。。
ところが先週初めからまた腹痛を訴えはじめ、水曜日に再度GPへ行ったら
取りあえずEmergency(救急外来)に行くように言われ連れて行きました。
その時点で夜7時頃。
そこでもまた血液検査、レントゲンを撮り、特に問題視するところもなく、
翌日にウルトラサウンド(超音波)を受けに行くように言われて、夜11時頃家に帰されました。
で、翌日ウルトラサウンドを受けに行くも予約が一杯で今日は無理と言われ、
さらにその翌日の金曜日に再度行きました。
もうこの時点で、あっちへ行かされこっちへ行かされ~(。>(ェ)<。)エエェェェ

そうなんです、ここは日本で言うところのいわゆる総合病院へ直接行くことは基本出来ず、
まずGeneral Practitioner(一般開業医)へ行き、そこで済まない時は紹介状を書いてもらいSpecialist(専門医)、
もしくはHospital(病院)に行く事になります。
GPは内科、外科、小児科、婦人科、皮膚科など、歯科を除く全ての分野をカバーしています。
血液検査やレントゲン等検査を必要とする時は、最悪何箇所もの検査機関へ行かなければなりません^^;
なんとも不便なシステムです。。。
全ての事が1か所で一度に出来るシステムに変えていただけない物ですかね…


GP→病院のエマージェンシー→ウルトラサウンドを受ける為の検査機関→GP→病院のエマージェンシー
→入院して手術。
これが今回娘が踏んだ手順( ̄^ ̄)ゞ
最初のGPから、入院まで4日を要しました。


病院に入院してからは早かった!
朝10時頃到着して、ウルトラサウンドの結果を見せ、再度血液検査。
その結果、虫垂炎の疑いありで、腹腔鏡での手術をすると説明がありました。
夜6時半頃オペ室に入りました。
その際に大人一人のみ一緒に入れると言われ、え?!手術見せてくれるの??って
かなりビックリしましたが、そうではなく、麻酔が効くまで一緒にいて下さい、という事でした。
初めての事でかなり怖がっていた娘、オペ室に一緒に入れて頂けて良かったです。
麻酔が効くところを生で見るのは初めてでしたが、本当にあっと言う間でした。。。
その後は待合室での待機でしたが、1時間後位だったかな~看護師さんに呼ばれて
Recovery Roomに移動済みの娘と対面しましたが、
麻酔が切れ始めたあたりからパニックアタックになってしまっていて、暫く泣きじゃくっていました(。pω-。)
初めての事で、ま~無理もないし、若い子には有りがちだと言われました。
そこで3時間近く過ごして病室に移動しました。
その晩は私も付き添いで一泊。
痛みで涙がぽろぽろ出ている娘を見ているのは辛かった。





シドニー病院事情と、子供達が好きなフルーツポップスティック1




次の日の朝食は、食パン、シリアル、ヨーグルト、ジュースとフルーツでしたが、気分が悪くてほとんど食べれず、
上記の写真の昼食もほぼ全く手をつけませんでした。因みに白いのは味のないマッシュポテト^^;
食べないと退院できないよ~!と看護師さんに言われましたが、
軽くビスケットとジュースを飲むだけでした。
傷口が痛むのと、お腹全体が痛い&気持ち悪く(腹腔鏡下術の際にはガスを身体に入れるらしく、
そのガスが多少残っていてそれも痛みの原因らしいです)、食欲が全くなかったようです。
結局その日の夕方退院となりました。
家に戻ってきてからはお腹すいた~~!!の連呼(笑)。
おかゆを食べてから、アイスが食べたいと言うので、子供達の好きなアイスブロック(写真1枚目)を買ってきました。
このアイスブロック、フルーツジュースを固めてチューチュー食べるもの。
液体の状態で売られていて、冷凍庫で固めます。
アイスブロックと聞くとガリガリ君のような棒のアイスを思い浮かべますが、
これもアイスブロックとこちらの子供達はよんでいます。





シドニー病院事情と、子供達が好きなフルーツポップスティック2



今回の娘の入院は小児病棟でしたが、子供達が入院生活に退屈しないように
大きなプレイルームや外気が入ってくるガーデン↑があり、至る所に配慮が感じられました。
一緒に滞在する父兄やお見舞いに来る方達用にキッチンがあり、そこで簡単な物は料理出来るようになっているし、
スナックやフルーツ、コーヒーや紅茶、その他簡易に食べられる物が完備してあり自由に飲食できました。
カップ麺や電子レンジで出来るマカロニチーズもありました!
ボランティアのスタッフがそこでマフィンやクッキーを焼いて、父兄用に置いてありました。
長男坊の喘息の発作で、ここの小児病棟には何度もお世話になっていますが、
病棟自体が新しくなったこともあり、さらに充実度がアップしていました。
今回の娘の虫垂炎、正味20時間の1泊2日の入院でした。


一応手術したのに、次回の受診は1カ月後ですって~w( ̄o ̄)w
それまでに何かあればまたGPに行くようにと言われました。。
何もない事を祈ります。。。




今日も見に来て下さりありがとうございます
ランキングに参加しています。ぽちっと押していただけるととてもうれしいです!

にほんブログ村


Instagram





おまけのじぇりこ。



じぇりこ29
天井すぐ下に置いてあるこのハウスがお気に入り。掃除してもすぐに毛だらけに^^;
娘の入院に付き添って一泊家を空けた日の晩、残った子供たち二人に甘えまくっていたそうです♡







Comments 0

Leave a reply