シルフォームでガレットブルトンヌ

シルフォームでガレットブルトンヌ


シルフォームでガレットブルトンヌ1





昨晩、娘が「お母さん、明日フレンチの食べ物もって行かなきゃいけないんだけど何かある??」とw(゚o゚)w
え~~?!なんと~~~??

娘はハイスクールで第2外国語にフランス語を選択していて、
今日 授業中に軽いパーティーもどきをするので、何かフランスの食べ物を持って来るように、
とのお達しが出ているんだそう。
ちょうどクッキーがあったのでそれを持たせようと思いましたが、
材料にアーモンドミールを使用しているのであえなく却下><
オーストラリアでは、アーモンド含むナッツ類は一般的に学校には持って行ってはいけない事になっているんです。
アレルギーを起こす子供がいるためです。
学校側は必ずアレルギーを持っている子を把握していて、当の本人はかばんにエピペンを入れています。


せっかくのクッキーを持っていけないので何を作るか頭をぐるぐる~っと回してみて、
ガレットブルトンヌを作る事にしました。
寝かせる時間があるので、昨晩生地を作って冷蔵庫→今朝 焼成しました。
通常ガレットブルトンヌは焼く時に一回り大きいセルクルをかぶせて焼くのですが、
今朝は少し前にcottaさんで購入したシルフォームを使いましたよ。
シルフォーム自体がメッシュになっていて、
余分な空気や油脂が網目から下に落ちるので、サクッと軽い焼き上がり(←コッタさんのサイトから)

確かにサクサクに美味しく焼けました(*≧∪≦)
グランマニエが入ったちょっぴり大人の味ですが、
娘の友人たち、先生のお口に合うと良いな~





シルフォームでガレットブルトンヌ



シルフォームでガレットブルトンヌ2




今日も見に来て下さりありがとうございます
ランキングに参加しています。ぽちっと押していただけるととてもうれしいです!

にほんブログ村



Instagram






和泉光一シェフ監修 cotta シルフォーム タルト型(8個取)
価格:1842円(税込、送料別) (2017/10/26時点)

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]
使い勝手抜群です!







2 Comments

ばんしい  

あれまあ!Σ(・∀・;)
オーストラリアの高校ってそんな課題があるんだ!
お母さんたちも大変だね・・・
そういえば、娘も高校んとき「自作の弁当持参」ってのがあったな。。。
なんかテーマがあったけど忘れた(笑)たしか野菜を使ったおかずだったような・・・
娘が持っていったのは、豚肉と茗荷の梅肉ソース炒めだった記憶しかないw
そんとき一番仲のいい友達のお母さんが入院してて作れないからって、一緒に作ってたわw

2017/10/26 (Thu) 18:53 | REPLY |   

そうぼりん  

◆ばんしいさんへ

娘は今中2なんですが、こちらは中高一貫でハイスクールと呼びます。
このお達し、他の子は買ってきたクロワッサンやバゲットを持って来たらしく、
作ったものを持参したのは娘だけだったみたい(;一_一)
なら先にそう行ってくれ~~!!慌てて作ったのにーーブーブー(笑)
日本はお弁当作りなんてあるんですね?!
お嬢さんのおかずが渋いわ~~(*^^)
お友達の分も作っていってあげる優しさ、自慢ですね、ばんしいさん♪

2017/10/28 (Sat) 12:38 | REPLY |   

Leave a comment