地元の生はちみつと最近のケーキ

地元の生はちみつと最近のケーキ


地元の蜂蜜
↑採取された街によって色味が全く違います。




こんにちは。
以前にも少し触れましたが、
*地元の生はちみつ*を生産されている養蜂家の女性と知り合うきっかけがありました。
彼女はオーストラリア人で海洋学の博士号を持っていらっしゃいます。
なぜか今は蜂のお世話をし、はちみつを生産されています。
お宅に伺うと色んな街のはちみつをテイスティングさせてくれ、
沢山の興味深い話をして下さいます。
海辺に近くなるほどはちみつの粘性が低くなり、内陸に行くほど濃厚になる、
今年は雨が極端に少ないからはちみつが採れない、
春に蜂たちが採ってきた花の蜜から出来たはちみつが、春の花粉症に効くetc
勉強する事が沢山あって、とっても興味深いのよ~と彼女のセリフ。
本当に話を伺っていると楽しいんですよね♪
画像を見ていただくと一目瞭然ですが、採取された街によって色味が全く違う!
もちろん味も全然違うんですよ~
その土地に咲いている花の種類によって、味が異なるそうです。


今住んでいる所の蜂たちが作ったはちみつが花粉症に効くと言うので、
私も住んでいる土地の生はちみつをせっせと摂取しています(笑)。
寝起きの空腹時に、ティースプーン一杯を口に運ぶのが良いらしいです。





ここ最近のケーキ1



↑このショートケーキは、その養蜂家の彼女のバースデーケーキにと依頼を受けて作ったものです。
彼女はオージーなので、生クリームのケーキで本当に大丈夫なのかしつこい位に確認させて頂きました(笑)
だって~ここはバタークリームが主流で、普通に生クリームのケーキは売ってませんから(。>ω<。)ノ
現にオージーの子供達はショートケーキは好まない!!
でも、実は彼女は「私も家族も日本人」とご自分で言う位の親日家♪
日本に何度も出かけているし、日本食大好き。
その味覚を信じて、でもちょっと不安な気持ちも持ちながらお渡ししました。

その日の夕方、彼女から
「とっても美味しかった~。やっぱり私は日本人」とメールをいただきました♪
そのメールがとっても嬉しくて、ホッとしました♡





ここ最近のケーキ




↑こちらのモンブランは、上記の生はちみつを愛用している方の娘さんのバースデーケーキ。
18歳になったそうです。
大学に入るための大きな試験HSCを目前に控えての誕生日。
つかの間のホッとできる時間を、ご家族とこのケーキを囲んで過ごしてくれたそうです。
受験勉強ラストスパート、息切れせずに頑張って!!
(来年は我が息子の番です。どうなることやら、トホホです…)





今日も見に来て下さりありがとうございます
ランキングに参加しています。ぽちっと押していただけるととてもうれしいです!

にほんブログ村



Instagram







モンブランに使っている型です。
見かけなくなって暫くたつのに、馬嶋屋さんで知らないうちに扱われてる~!









2 Comments

ばんしい  

はちみつもいろんな種類がありますね~w
京都にはちみつ専門店を見つけたのですが、仕事中なので見に行けず><
一度機会があれば入ってみたいと、店の前を通り度に思ってしまう・・・

それにしても・・・花の種類だけじゃなくて、産地でも違うものなんですね~
海辺と内陸とで違いがあるのは、湿度や気温も関係してるのかなぁw

いつだったか、ローズマリーのはちみつを買ったことがあって、とっても美味しかった!
なくなったからまた買おうと思ったら、どこに売ってたか忘れてしまって><

2017/10/01 (Sun) 01:57 | REPLY |   

そうぼりん  

◆ばんしいさんへ

そうか~ばんしいさんはお仕事で京都に行くんですね!
はちみつの専門店って、なんだか素敵な店構えをしていそう♪
(余談ですが…一人で一時帰国している娘は、今日から京都へ小旅行)

養蜂家の方曰く、シドニーの海に近い辺り=人口が密集しているエリアは
食物連鎖が崩壊している部分もあるせいで、はちみつの粘性が変わると。
これって、人が壊した物が自然に影響してるってこと。
こんな話、養蜂家の人からしか聞けないし、はちみつを買うにあたりそんなこと考えないじゃない。
だから聞く事聞く事全て新しくて、興味深いの~
ローズマリーのはちみつって、聞いただけで美味しそうだし、
香りもとびきり良さそうだわ~♪

2017/10/02 (Mon) 06:59 | REPLY |   

Leave a comment