シフォンケーキの穴

シフォンケーキの穴


シフォンの穴
↑底側面の穴





先日のポカのシフォンケーキの次の日、懲りずにまたバターシフォンを焼きました。
このブログで何度も書いていますが、シフォンケーキは大の苦手なケーキ。
キメが粗かったり、焼き縮みが激しかったりetc
そして何より一番の苦手は型出し。
たとえ生地が上手く行っても、型出しで失敗することが本当に多い( ̄^ ̄)ゞ
シフォンナイフを使って型出しすると、最近半分以上の確率で側面をえぐる。。
型に沿わせてナイフを入れているつもりでも、
底面辺り、つまりシフォンナイフの先っぽが生地に刺さっている状態みたい(。´・(ェ)・)
確かに、差し込んで真ん中に入る辺りまでは、型とナイフが擦れている音がするけれど、
それ以上深くなると、ナイフの先が型に当たっている感触が無いの。。。
これって私の癖なのだろうけれど、何回やってもそうなってしまう。
ホントに透明なシフォン型を開発して欲しい!!!←切なる願い。

昨日は、また側面をえぐるのを回避するべくナイフの刺し方を変えてみました。
いつもは型を焼き面を上に置いて、型に沿わせてナイフを入れますが、
型を横に倒して頭頂部にナイフを入れてみました。
やっぱり真中過ぎると型とナイフが当たっていない感触があり、
出してまた入れてを3~4回繰り返して、やっと底まで旨い具合にナイフが入ったのが手の感覚で分かりました。
そのまま、型を横に倒したままでナイフを一周させてみたら、
ま~ま~普通に、側面をえぐる事なく出すことが出来ました!
しかしその後の筒の部分と底面はやはりうまい具合に行かず><
もうこれだから苦手意識がいつまでも克服できないのですよね。。。
慎重にやっているつもりでも、何かがダメなんでしょうね|ω・`)



そして今日のブログのタイトルのシフォンの穴!
生地の中に出来た気泡の事ではなくて、
底面の隅まできちっと生地が入っていないがためにできた穴の事。
生地がモッタリした物だったので、キッチリ入れたつもりが隅に入っていなかった模様((((;´・ω・`)))
型出しして初めて分かる悲しさと虚しさ。。
シフォンケーキは全然難しくないと良く耳にしますが、
私にとってはとんでもない事で、ロールケーキと並んで難しくて苦手なケーキの1つです。


生地から型出しまで満足出来る仕上がりになる日は来るのだろうか。。。





シフォンの穴1




今日も見に来て下さりありがとうございます
ランキングに参加しています。ぽちっと押していただけるととてもうれしいです!

にほんブログ村



Instagram






今回はトールで!








0 Comments

Leave a comment